キャリア

  • TOP
  • >>
  • Career

キャリアCareer

キャリアモデル

昇格要件資格

昇格要件資格
(G2 → G1)下記資格から2資格取得
宅地建物取引士 賃貸不動産経営管理士 日商簿記2級
応用情報技術者 基本情報技術者
(G3 → G2)下記資格から1資格取得
宅地建物取引士 賃貸不動産経営管理士
(R3 → R2)下記資格から1資格取得
(R2 → R1)下記資格から2資格取得
宅地建物取引士 賃貸不動産経営管理士 日商簿記3級
ビジネス会計検定3級

※2019年度

キャリアパスイメージCareer Pass Image

管理職になるまでに、複数(できれば3つ程度)の業務分野を経験をしていただきます。但し、本人の適正や希望に応じて一つの業務に特化したキャリアから管理職に就くことも有り得ます。

制度 内容
キャリアチャレンジ制度 職群転換制度(一部選考有) ライフステージやキャリア形成に応じて、キャリアコースの転換を可能とする制度(総合職⇔一般職)※総合職への転換のみ選考有
FA制度(選考有) 自分の経歴や能力・実績を希望部署に自ら売り込み、異動や出向を可能とする制度
社内公募制度(選考有) 新設予定・増員予定などの部署が、必要とする職種やスキルを社員に公開し、希望者を公募する制度

資格取得支援Eligibility acquisition

宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士を中心に、各資格に応じて充実した資格支援制度をご用意しております。受験料や講習料の負担、合格祝い金など、資格に応じて支援内容は異なります。 ※2019年度

支援資格一覧
  • 一級建築士・二級建築士
  • 不動産鑑定士
  • 中小企業診断士
  • 公認会計士
  • 税理士
  • 司法書士
  • 社会保険労務士
  • TOEIC
  • 日本証券アナリスト検定
  • CFP(FP1級合格者)
  • AFP(FP2級合格者)
  • 不動産証券化協会認定マスター
  • 1級建築施工管理技士・2級建築施工管理技士
  • マンション管理士
  • インテリアコーディネーター
  • インテリアプランナー
  • 実用英語技能検定
  • 土地家屋調査士
  • 行政書士
  • ビル経営管理士
  • 福祉住環境コーディネーター
  • CFO(プロフェッショナル)
  • 公認内部監査人(CIA)
  • ビジネス実務法務検定
  • プロジェクトマネージャ
  • 不動産コンサルティングマスター
  • マンション維持修繕技術者
  • マンションリフォームマネジャー
  • 管理業務主任者
  • 秘書技能検定
  • 損害保険大学過程専門コース
  • マイクロオフィススペシャリスト
  • 防火防災管理者
  • 第1種、第2種衛生管理者
  • 損害保険一般試験(基礎・商品単位)

(昇格要件資格他)